公開履歴
色々な薬のケース

クラミジアは性器や泌尿器だけでなく、喉(のど)の粘膜に感染して風邪に似た扁桃炎や咽頭炎を引き起こす恐れがあります。咽頭クラミジアに罹ると、発熱などの症状が収まった後も病原菌が残留し続けて自然治癒することはありません。再発を防ぐためには、粘膜に感染した病原菌を完全に除菌する必要があります。自覚症状がなくてもオーラルセックスなどで喉から相手の性器に病原体が伝染をさせてしまう恐れがあるので、なるべく早く完治させることが大切です。

咽頭クラミジアの感染経路

咽頭クラミジアの感染経路には性器から口と、口から口の2パターンが考えられています。感染者の性分泌液にはクラミジア・トラコマティスが多く含まれていて、これが性器の他に直腸や喉の粘膜に接触をすると伝染してしまいます。オーラルセックスをする際に男性がコンドームを着用していないと、女性の喉に感染する危険性が高くなります。既に喉の粘膜にクラミジアに感染している人とディープキスをすることでも、病原体が相手の人に伝染をするケースがあります。

特に咽頭クラミジアの感染率が高いのは、性風俗サービスのお店に従事している女性です。クラミジア菌は男女に関係なく喉に感染をすることが知られていますが、性風俗業界で従事する女性は感染機会が多いと考えられています。クラミジアは性器・咽頭ともに、女性に多い性病です。

オーラルセックスであれば女性が妊娠をすることがないので、避妊具を着用しないケースが多いです。オーラルセックスは避妊具を使用しなくても妊娠をする可能性がありませんが、性交渉の際に病原体を含む体液が相手の粘膜に接触をする際にクラミジア菌が伝染するリスクがあります。日本では妊娠の可能性のないオーラルセックスを行うケースが多いため、男性の性器から女性の咽頭部(のど)に病原菌が伝染するケースが多いと考えられます。

避妊具を着用せずにオーラルセックスをすると、女性の喉から男性の性器に病原菌が伝染するケースもあります。男性がオーラルセックスを行う性風俗店を何度も利用することで、男性の性器と女性の喉の間で感染経路となることが考えられます。性風俗店以外にも、個人間でコンドームを着用しない性交渉が原因で女性の咽頭部にクラミジア菌が感染をすることもあります。

性的な接触を伴わなくても、口同士の接触によって他の人にクラミジアが感染するケースも考えられます。軽いキス程度ではうつることはありませんが、ディープキスをすると口を通して喉から喉にクラミジアの病原体が伝染する恐れがあります。

クラミジアの感染経路は種類が多く、喉と性器の両方を通して伝染をすることが知られています。性器と咽頭部で別々に感染をするので、性器クラミジアを完治させた後も咽頭部に病原体が残留し続けてパートナーを介してピンポン感染をするケースも珍しくありません。

咽頭クラミジアの感染力

一般的に伝染病は、病原体の種類ごとに感染のしやすさ(感染力)に違いがあります。例えば梅毒の場合は感染力が非常に強く、皮膚の表面にできた潰瘍に触れるだけでうつることが知られています。逆にHIVは感染力が弱く、コンドームを着用せずに性交渉をした場合の感染率は0.1~1%程度であると考えられます。

クラミジア・トラコマティスは弱いので、宿主から離れて水中や空気中に出ると短時間で感染力を失ってしまうことが知られています。このため、性器や喉の粘膜が病原体が多く含まれている性分泌物と直接触れないと感染をすることがありません。軽いキスで唾液に触れた程度では、感染をする可能性は低いといえます。

唾液や汗などを通してクラミジアが他の人に伝染をする恐れはありませんが、病原体が多く含まれている精液や膣分泌液が喉の粘膜に直接触れると感染する危険性が高くなります。性病専門のクリニックによると、性器でクラミジアに感染していた人の中で咽頭にも病原菌が検出された割合は男性で3.9~12.5%で女性は10.5~26.1%というデータがあります。全ての人がオーラルセックスをする訳ではないのに、全体の1~2割もの高い割合で咽頭部にも伝染をしていることが分かります。このことから感染確率は0.1~1%などではなく、性器クラミジアの場合と同じように1割~数十%もの高い確率であることが考えられます。

ちなみに淋菌もクラミジアと同じように咽頭部に感染をすることが知られていて、性器に淋菌が検出された人の中で男性の12~29.4%、女性の33.3~70%が咽頭部にも淋菌が検出されています。このことから、相対的にクラミジア・トラコマティスよりも淋菌の方が咽頭部に感染する確率が高いといえます。

男性よりも女性の方が咽頭部に性病の病原体が検出される割合が高いことから、キスよりもオーラルセックスによって感染をする可能性が高いことが分かります。性器クラミジアの女性で高い割合で咽頭部にも病原菌が検出されていることから、性器と同じくらいの強い感染力を持っているといえます。クラミジアはオーラルセックスでも性器性交と同じように感染をすることが推察されるので、妊娠をしなくても感染を予防するための対策を講じる必要があります。

咽頭クラミジアの予防方法

咽頭クラミジアに罹ると、体の免疫力が低下した際に喉に炎症を起こして扁桃炎などを起こして風邪に似た症状を発症します。風邪をひいた際に再発して発熱や強い痛みなどの症状を再発する恐れがあるので、感染をしないように予防をすることが大切です。

それは性器クラミジアと同じように、粘膜に病原体を多く含む性分泌液が触れることで感染をします。咽頭部へのクラミジア感染を予防するためには、妊娠の可能性がないオーラルセックスでも男性がコンドームを着用することが必須です。ただしディープキスでも口を通して伝染をする危険性があるので、複数の相手と性交渉をしている人とディープキスをしないように注意しましょう。

クラミジアは完治した後も免疫を獲得することができないので、再び感染して再発をするケースが少なくありません。治療後に再び感染をするケースで多いのが、ピンポン感染です。治療をして病気を完治させた後であっても、治療前にパートナーに伝染させている可能性があります。治療後にパートナーから再び感染して、再発をするケースは少なくありません。もしもクラミジアに感染していることが判明したらパートナーも検査を受けるようにして、一緒に治療を受けるようにしましょう。

咽頭クラミジアは性器クラミジアよりも治療期間が長く、病原体を完全に死滅させるためには強力な抗菌薬を服用しなければなりません。性器クラミジアを完治させても、喉に病原体が残存しているケースは少なくありません。クラミジア検査を受ける際は喉の粘膜についても感染の有無をチェックして、性器と喉の両方で病原体が検出されなくなるまで治療を続けることが大切です。

性交渉の際に男性がコンドームを着用することで感染を防ぐことは可能ですが、100%確実に予防ができるわけではありません。コンドームが破れたり外れたりする場合がありますし、キスで伝染をしてしまう可能性があるからです。

咽頭クラミジアを予防するためにはコンドームを使用するだけでなく、危険な性交渉を避けることも大切です。複数の相手と性交渉をすれば、クラミジアや他の性病をうつされる危険性が高くなるからです。咽頭クラミジアは性風俗サービスに従事している女性で感染率が高いので、性風俗サービスを利用しないことも予防になります。

記事一覧
淋病は不妊症などのリスクが高い!

淋病はクラミジアと同じように性器性交やオーラルセックスによって伝染する性病で、日本国内でも感染者数が多い性感染症のひとつです。淋病は淋菌と呼ばれる細菌に感染することで起こる病気で、性器・泌尿器のほかに咽頭部の粘膜に感染して発症をします。日本を含めて多くの国で淋菌の感染者が報告されていますが、近年は抗...

2019年10月10日
トリコモナスの気になる症状と治療薬

トリコモナス症も日本で感染者が多い性病のひとつですが、男性と女性で異なった症状が出るので気づきにくい場合が多いです。トリコモナス原虫と呼ばれる原生生物が生殖器に寄生することで、炎症を発症します。性行為によって人から人に伝染し、男性・女性の性器や女性の尿道に棲みつきます。咽頭部には感染しないので、オー...

2019年10月21日
ヘルペスに効果的な治療薬紹介!

ヘルペスはクラミジアや淋病以外にも感染者の多い性病で、性行為や他の方法で多くの人が病原体に感染しています。ヘルペスの病原体は単純ヘルペスウイルスで、世界的に感染者数が多いことが知られています。ただし健康な大人であれば、病原体に感染していても発症することはありません。免疫力が低下すると口唇や性器の周辺...

2019年10月17日